未来研通信

第35回2014.11.12

ONO

分身対戦のオススメな遊び方

こんにちは、プログラマの小野です。
仕事がぎっしり詰まっているんですが、今週末にある社内フットサル大会に出場する為に、フルスピードで仕事こなし中です!

最近、ゲームセンターでフルチューンを目指してプレーしている、湾岸マキシの世界に足を踏み入れたばかりの学生さんグループをよくみかけます。みんな楽しそうにプレーしてくれていて、作り手としてとても嬉しく思っているのですが、今回はそんな皆さんにお伝えしたい事があるんです。

湾岸マキシデビュー後、自分が選んだお気に入りの車をフルチューンに育て上げるのがひとまずの目標になると思います。では、フルチューン達成後は、どんな遊び方が楽しいと思います?
自分のおすすめは、「一緒に来ている友達と分身対戦をしあう」です。分身対戦には、都道府県チャレンジ等いろいろな遊び方がありますが、一番アツいのがなんといっても知り合い同士のバトルなんですよ。このモードの特徴として、“走行のクセ”を覚えてくれるので、コンピューター操作ではない、さも友達と同時に対戦している様な感覚になれます。

分身対戦がスタートしたのは湾岸マキシ3からで、最初は店舗内の分身と対戦するモードでした。今では、全国の分身と対戦ができたり、「都道府県チャレンジ」や直近では「分身連勝チャレンジ」と新たな遊びもどんどん増えてきていますが、分身対戦の基本ともいうべき一番楽しい部分は、一緒に遊びに来ていて腕前も近い友人達と対戦し合う事なんですよ。自分の分身を倒した相手の分身と戦う事を「リベンジ」というんですが、そこで勝つとボーナスが付いてマキシGがより多くもらえてお得だったりもします。湾岸マキシ開発メンバーの中で、ライバルを作ってリベンジし合ってますよ!!
是非友達同士でのリベンジ合戦を試してみて下さい。

また、分身対戦は友達がその場にいなくても、他のモードを遊んでいたとしても、検索する事でいつでも好きな時に自由に対戦できるのもいいんですね!
自分も、ときどき前田さんの分身に対戦を挑んでみたりしています。乱入対戦をするとなると、タイミングをあわせてもらう必要があるんですが、分身だと気軽に何度でも対戦を味わえますからね。

こんな遊び方がある分身対戦について、別記事も用意しましたのでこちらもご覧下さい。

また、すでに分身対戦を遊びつくしている皆さんも、「友人との分身対戦、最近やってないなぁ」と思われた方は、是非久しぶりに試してみて下さい。知り合いとのバトルは「やはりアツい!」はずです。