image

未来研通信

第15回

2016.03.30

figure

YAMASHITA

Drum 'n' Race

春、ヘイフィーバーのシーズン到来!
チャラけた言葉ですが英語で「花粉症」の事です。
どうも、ディレクターのヤマシタです。

さて、去年の12月に「古代祐三」氏の特別にリミックスして頂いた湾岸マキシ5DXの新規楽Re-Mixトラック、皆さまダウンロードしていただけたでしょうか!

今回も新規BGMは、今までの楽曲からはかなり毛色の違うアプローチをしたので不安もあったのですが、皆さまから多くの反響を頂きウレシイかぎりです。

プログレッシブなEDMでコイン投入時から心拍数を上げるオープニング曲、既存の湾岸トランスの延長線上にモンスターマシン同士のスピードバトルを表現した「Fascination」、透明感のある北欧エレクトロニカを思わせる「Let it Shine」はレースを見守る女神をイメージ。
優しさの中に力強さを感じさせる「Risky Guy」は「YM SPEED」と「山本」が作成するマシンを表現しています。
特に異色作である「The Race is On」、これは原作の「RGO」と「大田」をイメージした楽曲で、アクセレートしていくエンジンと不良というキーワードを湾岸マキシ風味に調理。ヤマシタの趣味全開でMOTOR R'n'R meets D'n'Bに仕上げていただきました。

今後はどんな楽曲を増やしていくか、悩むところではありますが大きな楽しみでもあります。
なので、皆さま(例によって)こんな楽曲希望などありましたらドシドシご意見ください!

それではまた次回!