image

未来研通信

第46回

2019.06.05

figure

KANAI

超感覚スカイライン

車両担当のKANAIです。

今回は原作「湾岸ミッドナイト」のヒロイン、「秋川レイナ」が乗っているスカイラインGT-R(BNR32)についてです。

まずは市販車について。
ベースになる通常版R32は、前型R31の反省点を踏まえて、”メリハリのある解り易いスカイライン”を目標に、スポーティでカッコいいデザイン、軽量でコンパクト、高性能を実現する為の最新技術(マルチリンクサスペンション等)の採用を実現しました。

GT-Rはイメージリーダーとして、”レースで勝てる車”を目指して作られました。
レースで勝つためには、高出力エンジンが必要、
高出力エンジンがあっても、当初考えていた後輪駆動では支えきれない、
後輪駆動から四輪駆動へ、
四輪駆動になると重量が増える、
さらなるエンジン高出力化、
…こうして、RB26DETTを搭載した4WDのGT-Rが誕生しました。
レース成績は、国内では1990年から4年間負け無し。
海外のレースでも活躍しました。
目標通りの車になり、現在でも人気があるのには納得ですね。

秋川レイナが乗っているGT-Rは、NISMOのタービンを使って600馬力仕様になってます。
レースで負けなしだったR32のグループA仕様も約600馬力でした。
レーシングカー並みのチューニングなんです。
しかも、あえて600馬力に抑えてあるんですよね。
こんなマシーンを乗りこなす、さすが「Rのヴィーナス」です。