未来研通信

第40回

2022.10.12

figure

MUNEKATA

ショー

むねかたです。

ちょっと前の話になるんですが、ゲームショーが開催されました。3年ぶりにオンラインじゃないリアルな開催となりまして、業者日に行ってきました。こういう会社にいると平日に会社の経費で観に行けるんですよね。

いやーやっぱり実機に触れて体験できるのはいいですね。徐々に賑わいも戻ってきて今までの日常が復活しつつある感じがします。といっても身動きできないような混雑や行列に長く並ぶのは嫌ですが...

さて、このショーは業務用ゲーム機の出展はないのですが、ゲームパッドやキーボードとは違ったゴージャスなコントローラーを使ったゲームがちらほら出展されていました。特にドライブゲームに関しては、ボタンの一杯ついたステアリングに可動するコックピットが用意されており、「どこのお店で遊べるんですか?」と思ってしまうような機械も出展されていました。これ、市販されているんですよね。なんでも一式そろえると数百万円するとかなんとか...

「湾岸マキシ」をお店において運営している立場としては、「自宅ではできない体験を!」ということでやってきているわけですが、こういったものが出てきている現実を受け止めつつ、お店に出向かないとできない体験を提供していかないとならないなぁ、と改めて思った次第でした。

それではまた次回お会いしましょう。ではー。

(経費で観に行った分ちゃんと仕事に昇華しましたよ(いやこれじゃただの感想文だろが))